伊藤 隆浩 Takahiro Ito 構成・台本
東京芸術大学音楽学部声楽科卒業。イタリア政府給費留学生として「オペラの台本」についてボーローニャ大学で学ぶ。2002年3月フンパーディング作曲『ヘンゼルとグレーテル』で演出家としてデビュー。「テキストと音楽の関係を視覚化する演出」として高い評価を受けている。2006年2月の横浜でのヴィヴァルディ作曲『バヤゼット』(F・ビオンディ指揮)では、急遽来日できなくなったⅠ・リコウスキーに代わり演出。公園を成功に導いた手腕は高く評価された。また、パーセル作曲『アーサー王』(H・ニケ指揮)では「作品の特徴である猥雑さを見事に表現した演出」と英文学研究者からも称賛される。日本初演となったカヴァッリ作曲『ラ・カリスト』(濱田芳通指揮)では「演出と字幕の絶妙なコーディネート」が高く評価された。東京音楽大学専任講師。