久保 陽子 Yoko Kubo ヴァイオリン
3歳より父の手ほどきを受け、その後、折田 泉、村山信吉、J.イスナールおよび斎藤秀雄の諸氏に師事。1962年桐朋女子高等学校音楽科卒業。同年チャイコフスキー国際コンクール第3位入賞。63年よりフランス政府給費留学生としてパリに留学しR.ベネデッティ、J.カルヴェに師事。66年マルセイユ音楽院ディプロマコースを卒業、同時に名誉市民のメダルを授与される。64年パガニーニ国際コンクール、65年ロン=ティボー国際コンクールにて第2位。67年からJ.シゲティに師事。その後クルチ国際コンクール第1位。ソリストとして世界的な演奏活動をする一方、室内楽奏者としても活躍中。CD『バッハ/無伴奏ヴァイオリン・ソナタとパルティータ全6曲』、『パガニーニ/24のカプリス』他をリリース、いずれも高い評価を得ている。2011年よりバッハとパガニーニを毎日演奏するミニコンサートを、帯広の中札内村美術館と奈良の橿原神宮にて半年ずつ行なっている。