バンケットホール


三十六歌仙の画、牡丹と虎のついたて、格天井など、
東照宮拝殿を強くイメージさせる、金谷の夢の詰まった会場

当会場(バンケットホール)は、明治34年(1901年)に建設されたもので、
建設当初はダイニングルームとして使用されていました。
(平成17年には、登録有形文化財にも登録されています。)

天井には「吊り天井」工法が使われており、そのおかげで柱の無い広い空間を取ることができています。
また、四方の欄間には当会場の新築に合わせてあつらえられたと思われる、三十六歌仙の画が飾られているほか、
牡丹と虎が表裏に描かれたついたてや格天井など、東照宮拝殿のイメージを強く意識した空間となっています。

また、床の木組みも当時からのもので、100年以上もの長い年月の間に、
幾度となく催されたダンスパーティーの使用にも耐えており、今日に至るまで、当時の面影を残しています。


バンケットホール

披露宴会場情報

収容人数 40〜120名