世界遺産


1999年12月、ユネスコ世界遺産委員会で文化遺産として登録された「日光の社寺」は日光山内にある二社一寺〜日光東照宮、 日光山輪王寺、日光二荒山神社を含め103棟の「建造物群」とそれらの建造物を取り巻く周辺の自然環境とが一体となり、 遺跡として文化的景観が形成されていると認められました。 遺産の面積は5.8ha、また保護のため、登録遺産の周囲に323.2haの緩衝地帯も設けられています。

平成27年、東照宮400年式年大祭を迎え、平成28年には家康公鎮座400年と日光開山1250年を迎えます。

*日光東照宮・日光山輪王寺は一部保存修理中です。

日光東照宮

日光東照宮

日光の社寺の中で最も有名な「日光東照宮」は徳川家康を神格化した東照大権現(とうしょうだいごんげん)が祀られており、全国の東照宮の総本社的存在です。 現在の社殿群の多くは寛永13年の「寛永の大造替」により建て替えられました。 全国各地から集められた名工により、漆や極彩色が施され、「見ざる 言わざる 聞かざる」の三猿や「眠り猫」をはじめとする彫刻が随所に飾られています。 特に陽明門は豪華絢爛な美しさで観る者を魅了します。

※現在、日光東照宮陽明門は「平成の大修理」として、改修をおこなっております。
参拝の際にはご注意ください。

日光山輪王寺

日光山輪王寺

天台宗の門跡寺院。
1200年以上前、勝道上人が四本龍寺を建てたのが始まりで、東照宮より長い歴史があります。
お堂や塔、15の支院全体を総称して「日光山輪王寺」と呼ばれています。
中でも本堂である「三仏堂」は日光山最大の規模を誇る木造建造物で、千手観音(男体山)、
阿弥陀如来(女峰山)、馬頭観音(太郎山)の三体の仏像が祀られています。

※現在、本堂は「平成の大修理」として、改修をおこなっております。
参拝の際にはご注意ください。

日光二荒山神社

日光二荒山神社

日光三山を神体山として祀る神社で、本社、中宮祠、奥宮の3宮から構成されています。
勝道上人が紫雲立寺を建てたことに始まりとされていて、古来より修験道の霊場として崇敬されていました。
江戸時代、幕府によって日光東照宮が建立される際に、合わせて主な社殿が造られました。
大己貴命が主祭神として祀られていて、縁結びのご利益がある神様として知られています。
また、日光山内の入り口を飾る「神橋」は二荒山神社の建造物です。